老眼の回復ってあり得る?老眼の回復のための様々な方法とは

09.282017

この記事は6分で読めます

ぼやける新聞と老眼鏡

 

眼科医に「あなた老眼になっていますよ。」と宣告され、また老眼は身体の老化の1つと聞いて、「私、老化始まってるのー?」と現実を受け入れられなくて、はや数週間経ちました。

 

 

とりあえず老眼鏡は作ってかけ始め、見え方としてはとてもきれいに字が見え、細かい作業が苦も無く出来るので視界は明るくなりましたが、老眼になってしまったとういう受け入れられない私のハートは霧がかかったようにもやっとしてしまいました。

 

 

しかし、こんなことでくじけてはいられません。眼科医は「このまま何もしないと、どんどん老眼は進みますからねー。」と言っていたことに、何とかしないと!と思って眼科医にすがり、ネットもくまなく検索しました。

 

 

眼科医が言うには、「老眼は加齢によって目のピント合わせをする調節機能能力の低下ということです。

 

 

老眼の回復ができるかと言ったらできないでしょう。

 

 

ただ、自分の生活を、気を付けたり、目をいたわることをきちんとしたら、進行を抑えることはできます。」とのことでした。

 

 

身体の老化と同じように考えると、年を取ると、どんなにジムで身体を鍛えても、若い人の筋力には勝てないですよね。

 

 

それが老化なのですが、鍛えておかないと、筋力はすぐ衰えてしまうことを考えると、ある程度は目を労わり、鍛えてあげないと老眼は進むのかなと思います。

 

 

老眼の回復まではいくのかどうかは現在自分で出来る範囲のものは試し中なのでその体験も踏まえご紹介すると同時に、手術や費用等、私が手を出せないことについても口コミを加えてご紹介します!

 

 

 

生活の見直し

 野菜(人参、ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃ、とまと、パプリカ等)

 

老眼世代は何かと忙しいですよね。

 

 

忙しさに追われ、思わず、自分の身体を気遣わず、いつの間にか自分の身体がボロボロだったということも・・・。

 

 

老眼の回復を気にするどころではない方もいるかと思います。

「生活見直し系」は毎日続けなければ効果は出ないと思います!

 

 

しかし、サプリを飲んでも、手術をしたとしても、自分の生活を見直し、悔い改めなければ、老眼を回復を含めた身体の老化が進むと思っています。

 

 

くどいようですが、生活を見直すことで、かなり老眼の回復はする!

とまではいかなくとも、進みをかなり遅らせることが出来ると信じています!

即効性は無いです。

 

 

本当に効くのかとさえ思ってしまいますが、信じて悔い改める人は救われます(決して根性論ではないです)!

 

 

生活の見直し①:紫外線対策

 

温暖化により、人体への紫外線の影響は強くなっています。

 

 

雨や曇りの時でも、紫外線は晴れの時100%降り注ぐとしたら、曇り・雨の時でも30%は紫外線が地上まで来ます。

30%もですよ!

 

 

結局、この頃では曇り空でも肌に対して日焼け止めを塗った方がいいと化粧品業界までもが言っていますよね!

目も同様です。

 

 

今日は曇りだから大丈夫ではありませんよ!

長い間外に出るならサングラスをかけたほうが良いです。

 

 

しかも、真っ黒がいいと思ったら大間違いですよ!

黒いサングラスはかけていると瞳孔が大きくなります。

 

 

UVカットされていない黒のサングラスは、瞳孔が大きくなっているので一番目の中に紫外線を取り込みます。

UVカットされている薄い色タイプがお勧めです。

 

 

天気の時は、日陰を歩くとか、道路の照り返しに注意し、UVカットの帽子や日傘をさすのも良いと思います。

 

 

また、建物の中にいても、窓側のデスクで仕事したり、隣のビルの照り返しがある場合は、ブラインド等を有効活用し、目に紫外線を取り込まないようにしましょう。

 

 

生活の見直し②:老眼鏡をきちんと使用する、パソコン・スマホ・テレビ等ディスプレイの見すぎに注意

 

これも出来そうでなかなか出来ないですよね。

パソコン・スマホ・テレビを見ない時間の方が、1日のうちで少ない気がします。

 

 

しかし、ディスプレイを見続けることは目の様々な機能をこき使ったり、痛めつけたりしているので老眼の回復どころか進行が早くなります。

 

 

休憩時間を作り、休憩中は何も見ないようにするとか、遠くと近くを交互に見たり、上下左右に目を動かして、目のコリを取りましょう!

 

 

そうしないと眼精疲労と言って、頭痛・肩こり・吐き気等身体に及ぶ苦痛が出てきます。

 

 

生活の見直し③:食生活の改善

 

これって、老眼の回復に限らず、身体全体に必要な事かと思います。メタボ・三大成人病等も防げます!

 

 

メタボ・三大成人病等も防げます!

忙しいと、ついコンビニもの、インスタント、レトルトや外食に頼ってしまいますよね。

 

 

私もなかなか改善出来ないことですが、1日のなかで一食だけでも自炊でバランスの取れた内容を食することを心掛けたいです。

 

 

食べすぎも気を付けてくださいね。

時に以下の3つがこの頃の研究で目に良いとされています。

 

  • ルテイン(アンチエイジング):ブロッコリー・ほうれん草等の緑黄色野菜
  • アントシアニン(血行促進・眼精疲労予防):ブルーベリー・ビルベリー・ブドウ・小豆等
  • アスタキサンチン(ピント機能調整に作用):紅鮭、海老、カニ、いくら

 

 

色のついた食材が多いですよね。

 

 

なかなか食べられない食材もありますが(高価なだけに・・・)、取り入れるようにして、最悪不足がちなものだけ、サプリに頼るようにしましょう!

 

 

生活の見直し④:睡眠時間は十分とる

 

夜遅くまでテレビで映画を見たり、スマホで何かをチェック・ゲームで遊ぶ、パソコンで何か作業をするとか、絶対だめですよ!

 

 

特にこの頃寝る寸前までのスマホをいじってると逆に眠らないとか。

 

 

家に帰ったら、目を休ませましょうよ!うっ・・・。

夜ご飯食べた後にスマホゲームしているのは・・・私です・・・。

老眼の回復とか語れないですよね・・・。

お互い気をつけましょうねっ!

 

 

 

目に不足しているものの補充

 

忙しい時には食生活の見直しや目を労わるって無理に近い時もありますよね。

 

 

生活見直し系を行ってほしいのですが、どうしても今週は仕事が山場で・・・。

とか忙しすぎてパソコン作業何時間もしなきゃという方は補うためのものをご紹介します。

 

 

あくまで補うだけですよ。

メインにしないでくださいね。

 

 

補う:①サプリ

 

楽でいいですよね、サプリって!

でも、あくまでサプリメントは足りない部分を補うためだけのもとの心がけてください!

 

 

サプリは、昔はブルーベリーのアントシアニンが目に良い!

とされてきましたが、このごろの研究では上述したように「ルテイン」、「アントシアニン」、「アスタキサンチン」が良いとされています。

 

 

サプリもピンキリですが、大体この3種類の量が多く入っているほど高価な印象です。

 

 

特に、「アスタキサンチン」はたくさん鮭やカニ・海老をたくさん食べたからと言って十分な量は摂れないそうです。

 

 

食品にも微量しか入っていないものは積極的にサプリで取り入れたいですね。

 

 

カニ・海老高いですからね・・・。

 

 

補う:②目の運動

 

老眼はピント調節機能の低下なので、目のピントを合わせようとして、眼精疲労になってしまいます。

 

 

凝り固まらないように目の筋肉をほぐしてあげるもの目を労わることになります。

 

  • 眼球を時計回り、反時計回りにゆっくりと円を描くように回す(数回行う)
  • 遠くの景色と近くの景色をゆっくり交互に見る
  • 瞬きを頻回にする

 

 

仕事の合間にどうぞ!

 

 

補う:③視力改善のアプリ

 

これはスマホでもよくアプリ検索すると様々なものが出てきます。

 

 

無料アプリでやってみましたが、このアプリ、意外と凝視します。

 

 

スマホを凝視するの・・・?

と突っ込みが来そうですが・・・。

 

 

でも凝視したり、目で追うことが良いようです。

 

 

トレーニングの効果を確認することもできる機能付きのアプリもあるようなので、試してみてください。

 

 

視力回復用アプリで上位に来ているものは無料のものもたくさんあります!

 

 

 

眼科受診は定期的に

視力検査

 

老眼は早い人だと30歳代後半から低下が始まり、60~70歳代まではどんどん落ちていくそうです。

 

 

老眼の回復ならず、進行を抑えたとしても、低下するものはします。

定期的に眼科に行って視力のチェックをしてもらうことをお勧めします。

 

 

そして、適切な疲れない眼鏡をかけましょう。

 

 

老眼世代だと、老眼だけでなく病気(緑内障・白内障・加齢黄斑変性症・シェーングレン症候群等)も出てきます。

 

 

1年に1回は診てもらった方が良いと思います。

 

 

 

手術で老眼が回復する?

 

近眼を治すための角膜屈折矯正手術「レーシック」があるのは皆さんご存知かもしれませんが、老眼の回復をうたったレーシックもあるそうなんです!

 

  • 遠近両用レーシック(角膜の屈折をレーザーにより調節する):値段¥418,000
  • 老眼眼内レンズ「フェイキック」(角膜を削らず、見え方の質が高い):値段¥698,000
  • 老眼治療カメラ(角膜に薄く小さなリング状のフィルムを挿入):値段¥276,000

 

 

た、高い・・・。

私がすぐやってみよう!

とはならない理由が費用です。

 

 

また、日本ではつい最近始まった治療で、且つこの頃浸透しつつある近眼レーシックでさえ、成功例だけでなく失敗例もよく聞こえてきます。

 

 

ネット検索していると、「老眼の回復」と書いてあるので、ぜひに!

と言いたいところですが、まだまだ未開の治療で怖いなぁと思います(私個人の感想です)。

でも一番の理由は金額ですけどね。

 

 

 

まとめ

ぼやける

 

  1. 老眼の回復を試みるなら、まずは自分の生活を見直す!
  2. 自分が出来ないもの、不足しているものを補う!
  3. 眼科は定期的に受診し自分の視力に合った眼鏡をかける
  4. 手術は最終手段。高価だしね・・・

 

 

初期の老眼の人や今まで何も目に対して何かしらしてこなかった人は上記を気を付けると、老眼の回復がある!

と感じる人もいるかもしれません。

 

 

毎日続けることで変化していく「生活の見直し」、即効性の「不足を補うもの」を合わせて自分の目を守っていきましょう!

 

 

眼科に定期的に行くこともお忘れなく!

 

 

老眼の回復があったかも!

と思えたら、身体全体もきっとけんこうになっていると思います!

連動しますからね。

 

 

手術は、あまりにつらい時には手術ができる先生と十分相談して行ったほうがいいと思います。

何せ高価だし、自分の目がさらに悪くなっても困りますからね!

 

 

関連記事

  1. メガネの右フレームを押さえて下向く男性
  2. メガネを外してファイルを見る老人
  3. メガネを上にあげ目を指で押さえる男性
  4. 新聞と虫メガネ