疲れ目必見!あずきのチカラで目の周囲を温め疲れ目をほぐす体験談

この記事は3分で読めます

性別:男性

目の疲れ悩みはじめた年齢:45歳ごろ

目の疲れ悩んでいた期間:5年ほど前から現在も

購入した商品:100%あずきの天然蒸気あずきのチカラ

効果の有無:目の周囲のハリが緩和

 

 

疲れ目を感じたら、あずきのチカラを使用

疲れ目 あずき

室内作業の後に外出して、バス停の時刻表を見たときに、表示されている数字が滲んだ状態、ぼやけたように見えたのがきっかけで、気づきました。

 

そのときに、目が乾燥している感じも持っていたので、ドライアイかとも思いましたが、正直ショックでした。

 

それ以降、スマホの画面やパソコンの画面の文字に焦点が合うのに時間がかかってしまい、ぼやけた状態から次第にくっきりしてくる状態が続いています。

 

40代も半ばのころでしたので、年齢のせいかもしれないと思いながらも、まだそんな歳ではないと否定したい自分の感情と折り合いが付かず、モヤモヤした感情を抱えながら生活していたように、覚えています。

 

今現在も、症状は軽くなったものの、夜に近くなると、疲れ目の症状が現れ、気分的に落ち込みます。

 

なので、100%あずきの天然蒸気あずきのチカラ、目元用というレンジで温め、両目の周囲を温めるもので、疲れ目を感じた際に使用しています。

 

目の周囲の筋肉がほぐされた感じがして、気休めかもしれませんが、目の周囲のハリが緩和されます。

 

 

あずきのチカラで働いた目をほぐし疲れ目を緩和

 

疲れ目でスマホやPCの画面の文字のにじみやぼやけを感じてから、その症状を自覚したくないので、画面を極力避けるようになっています。

 

とはいえ、メールやその他の連絡手段としての利用をせざるを得ない現状で、なるべく、疲れ目でのぼやけなどを感じなくてよいように、表示の文字の大きさを大きめに設置したり、使用する間隔をあけるようにしています。

 

そのため、スマホやPCの通知音がしても、以前に比べて反応することを意識的に遅らせています。

 

特にメールでの返信については、長文での返信の必要がある場合には、気が重くなります。

 

デジタル機器の進化で便利さを享受していますが、個人的には、目を酷使している感覚の方が強く、苦痛に感じることもありますので100%あずきの天然蒸気あずきのチカラで働いた目をほぐして疲れ目を緩和しています。

 

 

目の痛みを感じ冷やすより「あずきのチカラ」温めたほうが良かった?

 

疲れ目の最初の自覚症状は、書いてある数字や文字のぼやけと目の乾きが始まりでした。

 

次第に症状がひどくなり、朝起きた際には感じなくても、日中仕事やさまざまに目を使っているうちに、夕方近くになると、こめかみ辺りに痛みが走り、次第に頭痛がしてくることが度々、あります。

 

ひどくなると、目を開けて何かに集中して見つめることで、こめかみあたりを中心にした頭痛がします。

 

吐き気を感じたこともありますが、実際に吐くまでにはなっていません。

 

その際は、とにかく、早めに休むようにして、100%あずきの天然蒸気あずきのチカラを使用して目を閉じたい欲求を満たすようにしています。

 

目の痛みを感じることも多く、温めたり、冷やしてみたりもしましたが、個人的には、温めたほうが良かったように思います。

100%あずきの天然蒸気で目もとを温める

 

 

眼科を受診し不安は解消

 

あまりに、目のぼやけやスッキリ感が無く、乾燥を感じるので、眼科を受診しました。

 

その診断結果は、ドライアイで、PCやスマホの画面の見過ぎでの、目の乾燥と疲れが原因になっているとのことでした。

 

やはりかと思いながらも、点眼薬の処方箋をもらい、それ以降、現在も、目薬を常用しています。

 

それに、メガネのレンズ、PCの画面、スマホの画面の全てにブルーライトカットに対応した商品を加えています。

 

それらについて、あまりに無頓着に使用していた自分の無知と金銭的な負担が、非常にモヤモヤした感情となっていました。

 

定期的な眼科医の検診を受けることで、原因と現状の正確な把握につながっていることには、以前の漠然とした不安は解消されて、良かったとも思っています。

 

 

疲れ目症状の改善にあずきのチカラ

 

疲れ目の症状として、バスの時刻表の数字表示のぼやけで気づき、しばらくの間、年のせいで仕方がないと思いながら、納得できずに生活していました。

 

しばらくして、あまりの目の痛みと頭痛に我慢できずに、眼科を受診して、ドライアイと疲れ目との診断を受け、定期的な眼科医の検診を継続しています。

 

日常生活での眼薬の点眼も常態化しています。

 

若干の症状の改善にはつながっていますが、時として酷い状態になると、頭痛で頭が上がらない朝もあります。

 

現在でも、朝起きる時と就寝前には、目のことが気になり、翌朝の状態がスッキリしていますようにと、祈るような感情が日々続いています。

 

今後も、あまりひどい疲れ目にならないようなデジタル機器との付き合い方をし100%あずきの天然蒸気あずきのチカラを使って目を休めさせてあげたいと思います。

 

 

疲れ目の悩み まとめ

 

疲れ目の悩みは、人それぞれに症状に違いがあると思いますが、症状がひどい場合は、専門医の診断を受けることをおすすめします。

 

眼病が隠れていたりする可能性もあるので、単なる疲れ目である診断を受けることで、対処法が見つかると思います。

100%あずきの天然蒸気で目もとを温める

 

 

関連記事

  1. 目を酷使した
  2. 目薬ドライアイ対策