あなたの疲れ目はパソコンの画面を見続け?ロート目薬と目の体操を!

この記事は4分で読めます

性別:女性

目の疲れ悩みはじめた年齢:40歳

目の疲れ悩んでいた期間:1~2年程

購入した商品:ロート製薬のタウリンが配合目薬

効果の有無:目の血流が良くなっていくような感じ

 

 

正式名称は忘れてしまいましたが、ロート製薬のタウリンが配合されている目薬を購入して試してみました。

 

目にさすと、スーッとしてスッキリします。

 

目の血流が良くなっていくような感じもありました。

 

ただ、根本的な眼精疲労はしっかり取れていない気がしました。

 

そこで、目の体操も一緒に行うようにしたら、かなり効果的でした。

 

 

疲れ目を放置していたらヤバイかもしれない!

疲れ目はパソコン

 

パソコンで動画を見たり、ブログを見たり、毎日書いたりするのを日課としていました。

 

酷い時には半日以上ずっとパソコンの画面を見続けていることもありました。

 

光を眩しく感じることもありました。

 

あれおかしいなと思ったのは、こういった症状が出始めたからです。

 

確かに、1日のうちでパソコンに向かう時間はかなり長かったです。

 

とは言えそんな症状が出始めていても、どうせ1日休めばすぐに回復するだろうと思い、それほど疲れ目のことを深刻に考えていませんでした。

 

目の疲れなんて大したことないと思っていたのです。その結果、最初のうちは何も疲れ目の対処をせずに過ごしてしまっていました。

 

そのうちに、どんどん視力が落ちていくのを感じました。

 

そうなってから、もしかしたらこの疲れ目を放置していたらヤバイかもしれないと少し怖くなってきました。

 

 

疲れ目の悩みが続けば、やりたいことができない

 

目が疲れているなと感じるようになってもそのまま目を酷使する日々を続けていました。

 

するとそのうちに、ちょっと目を使うと、すぐに疲れるようになってきました。

 

目が疲れてくると、目がショボショボしたり、目がかすんだりします。

 

思うようにパソコンでブログを見たり、書いたりすることができなくなってきました。

 

そうなると、はぁとため息が出る思いでした。目の老化みたいなものかと思ったからです。

 

そういった日々が続くと、徐々にパソコンを見る時間が減ったり、テレビを見るのも避けるようになったりしました。

 

とにかく目を使うとすぐ疲れてしまうので、色々とやりたいことができなくなってしまいました。

 

このまま疲れ目の悩みが続けば、やりたいことができなくなってしまうと思うと、少し悲しい気持ちになりました。

 

 

パソコンの画面を見続けていると本当に辛かった

 

疲れ目で一番辛かったのは、全身症状があらわれた時です。

 

目が疲れてきたなと思っても、そのままパソコンの画面を見続けていると、そのうちに肩こりを感じたり、目の周りや首の後ろが痛くなってきたりました。

 

そしてその症状がどんどん酷くなると、頭痛、吐き気といった症状にまで発展してしまいました。

 

頭痛が酷いと、起きていると吐き気がしてどうにも起きていられないので、寝込むこともありました。

 

肩こりを感じたり、目の周りや首の後ろが痛くなってきたり頭痛、吐き気といった全身症状が出た時は、本当に辛かったです。

 

まさか、目が疲れることでここまで全身に影響が出るとは思ってもいなかったので、疲れ目を放置することの怖さをこの時知るようになりました。

 

とは言え、ついついパソコンに夢中になり過ぎると、頭痛を引き起こしてしまっていました。

 

 

疲れ目に対処、目薬と目の体操

 

この疲れ目に対処していかなければと思ったので、まずはテレビのCMで見た目薬をさしてみることにしました。

 

薬局で目薬を探していたら、薬剤師の方がタウリン入りのものがいいとアドバイスして下さったので、そのロート製薬の疲れ目対策用の目薬を購入しました。

 

確かに、目が疲れてきたなと思った時に目薬をさすとスッキリしました。

 

目の血流も促進される感じがありました。

 

しかし、しばらくはいいのですが、また再びパソコン作業を開始すると、すぐに疲れてしまいました。

 

そこで、目薬に加えて、目の体操をすることにしました。

 

上下左右に眼球を動かしたり、ぐるぐる目を回したりしました。

 

最後にはギュッと目を3回つぶって、その後しばらく遠くの方をボーッと見るようにします。

 

この目の体操はかなり目の筋肉を動かしている感じがあって、より目がスッキリするのを感じました。

 

 

疲れ目が改善されるようケアもしっかりしていこうと思いました

 

パソコン作業の合間に、目薬をさし、目の体操をするようになって、かなり疲れ目が改善されてきました。

 

やはり、目を使ったら定期的に休める、目の筋肉を緩める、血流を良くするのがいいみたいです。

 

この対策をするようになって、目が疲れにくくなったのを感じました。

 

肩こりや頭痛、吐き気といった全身症状も全くでなくなりました。

 

残念ながら低下してしまった目の視力は、まだあまり回復していませんが、全身症状がなくなったので本当に楽になりました。

 

あの頭痛と吐き気は本当に辛かったので、改善できて嬉しいです。

 

運動すれば体が疲れて休むように、目も色々と使ったら休む時間が必要なのだなと感じました。

 

今は何とか目の視力が元に戻ればいいなと思い、目の視力回復に役立つと言われている立体的に見える本を購入して使っています。

 

目は大切なものなので、これからはもっとケアもしっかりしていこうと思いました。

 

 

疲れ目にならぬよう休憩をしつつケアするように!

 

目は大切なものです。

 

目が疲れたなと思った時には遅く、全身症状がでてしまうこともあります。

 

何事も、前もってのケアが必要です。

 

疲れ目のケア方法としては、目薬や目の体操をするのが手軽にできておすすめです。

 

体の筋肉と同じように、目の筋肉も使い続ければ疲れて切ってしまいます。

 

ある程度の時間目を使ったら、休憩をしつつケアするよう、心がけるようにしましょう。

【第3類医薬品】ロートVアクティブ 13mL

 

 

関連記事

  1. 目を酷使し たるみ
  2. ホットアイマスクで疲れ目を改善
  3. JINZ PC