ダイソー老眼鏡で疲れ目を減らし文字が見やすく効果的に視力を戻す!

この記事は3分で読めます

性別:男性

疲れ目の悩みはじめた年齢:40代前半

疲れ目の悩んでいた期間:現在も進行中

購入した商品:ダイソーの老眼鏡

効果の有無:効果はありました

 

 

ダイソーの老眼鏡で効果はありました。

 

効果的に言うと小さな字が読みにくくなってきていますが、ダイソー老眼鏡をかけるだけで良く見えます。

 

疲れ目の時もダイソー老眼鏡をかけて目の負担を減らしてやると視力が元に戻りやすいです。

 

 

老眼の苦しみ

ダイソー老眼鏡

 

40歳代前半になると誰もが老眼の苦しみを味わいます。

 

とくに視力の良くて問題の無かった人が老眼を苦しむ事が多いように感じます。

 

2.0や1.5の視力で他人にも褒められていた人が、少しずつですが今まで見えていた新聞や本、週刊誌などの一般的に目にするような文字が呆けて見にくくなってくる事の屈辱は他人には言えない悲しい出来事です。

 

文字が見えないために文字の見えやすい所まで離す行為をしていると、まわりの人達から「老眼ですか」と問われた時には「はい」という返事しかできません。

 

「すこし目が疲れて」とかいう言い訳もできるわけですが、度々の行為では嘘はつけず自覚していかなければいけません。

 

同級生や同年代の人々も疲れ目や老眼鏡の事を話されると自覚がより強くなります。

 

悲しいものです。

 

 

老眼に気づき生活変わる

 

疲れ目や老眼を気づいたことで、いろいろと生活が変わってきました。

 

まずダイソー老眼鏡やルーペなどを身近に置くようになりました。

 

また疲れ目防止用の目薬を購入しました。

 

コンピューターやスマホを扱う上でも老眼鏡の使用や文字の大きさを大きくして見たりは当たり前になりました。

 

休憩をとると視力はかなり戻るので休憩時間を以前よりとるようにしています。

 

仕事時でもディスプレイからちょっとでも目を離して、目を休める工夫もするようになりました。

 

目が疲れないような工夫が今のところ疲れ目にはよさそうです。

 

暗い所では電気を今までは点けずに新聞を読んだりしていましたが、現在は疲れ目でなくても電気を点けてみるように注意して生活をしています。

 

 

老眼鏡の必要性文字が見にくい事で一番辛かった

 

一番辛かった事は文字が見にくい事です。

 

まさか自分の目が疲れて文字を見にくくなるとは考えていなかったので、情けないような感じがします。

 

視力も2.0や1.5と良かったので、メガネを付けて作業するとは全く考えていませんでした。

 

メガネをすること自体も違和感がありましたがしょうがない事です。

 

歳をとったものだと実感できる瞬間が、疲れ目になりやすくなった事と、老眼鏡の必要性です。

 

人には聞いていましたが、まさかそのような事が自分に降りかかるとは若い時には考えられず、また考えたくもありませんでした。

 

心理的にはあきらめと虚しさがあります。

 

それも50歳を超えると他の人からの同情と同じような症状が出ている事により、少しですが安心も出てきています。

 

 

老化の為に目が疲れやすくなる

 

疲れ目の原因は、目の使い過ぎです。

 

通常での使用についても老化の為に目が疲れやすくなってきています。

 

できるだけ休めながら目を使用していますが、気が付くと使い過ぎによるものと思われるくらい時間がたつこともあります。

 

対策としては、まずは休憩する事です。

 

少しでも目の休憩ができるとかなり見え方が変わります。

 

目薬をさすことも効果はあります。

 

あのすっきりした感じは良いものです。

 

気持ち的にもリラックスできます。

 

目薬も高価なものでなくてもすっきりするもので、昨今はあまり値段を気にせず目薬を購入しています。

 

ブルーベリーなどの食べ物も食べていますが、効果についてはすぐに確認できていないためによくわかりません。

 

ただ続ける事が大切なので、少しづつ摂取しようとは思っています。

 

 

文字が見にくくなってきたときはダイソー老眼鏡

 

その時々の改善については休憩することで視力の改善を確認しています。

 

とくに小さな文字を無理に見ていた時などは疲れ目になりやすいです。

 

できるだけ明るい照明の元で休憩を取りながら見るようにしています。

 

見にくくなってきたときはダイソー老眼鏡の一番軽い精度の物をつけてみるとよく見えるので使用するようになりました。

 

ずっとダイソー老眼鏡を付けているとまた目に疲労を与えれいるみたいなので、継続的な使用はしないようにしています。

 

今のところ対策として、目薬や老眼鏡、長時間の作業時における目を休めるという事などで疲れ目や老眼対策にはなっていると思いますので、これからも現状を続けて行こうと考えています。

 

あまりに目の異常が確認できた場合は眼科受診をしようかと考えて仕事を行っています。

 

 

疲れ目とれないようなら眼科受診

 

あまりに目の疲れがどんなことをしてもとれないようなら眼科受診も考えてください。

 

もしも、網膜剥離や目の病気だったら早期治療が良いと聞いています。

 

目薬やダイソー老眼鏡使用で改善できるのなら少し休憩をとったりして目だけでなく体も休めてやることがよいのではないのでしょうか。

 

 

関連記事

  1. 疲れ目ドライアイ
  2. 目を酷使した
  3. 目を酷使し たるみ
  4. ロートリセ目薬