デスクワークで疲れ目に悩み、文字が読めなくなった体験談

この記事は3分で読めます

デスクワークで疲れ目に悩み、文字が読めなくなった体験談

 

性別:男性
目の疲れ悩みはじめた年齢:30代
目の疲れ悩んでいた期間:2年間
購入した商品:疲れた目に花王 めぐりズム蒸気でホットアイマスク

ピントが合いにくくなった目の疲れがほぐれる感じがあり効果があったと思われる。

 

 

デスクワークで目が疲れ、転職も検討

パソコンでのデスクワークをしている時、長時間画面を見るためか、細かい字が見えにくくなり目が乾燥して痛みがあるように感じました。当時テレビで、

 

「パソコンを使用する人はドライアイになりやすい」

 

ということを言っていたので、「自分もドライアイになったのかな?」と思いました。が、「ただ単に年齢による、目のかすみの可能性もある」といったような気もしました。

 

その当時気づいたのが、

 

「デスクワークの仕事はみんな同じ悩みを抱えており、似たような症状を抱えている人が多い。症状のひどい人になると眼科に通院しながら仕事をしている人もいる」

 

という事実でした。愕然としてしまい、転職も考えました。しかしデスクワークの仕事しか経験がなく、他の仕事をやっていける自信もありませんでした。

 

そのため結局、デスクワークを続けました。

 

 

目のケアを工夫したが、忙しさから時間がとれなくなった

疲れ目の悩みに気付いたときから、思いつく限りの対策をとってきました。パソコンのモニターにブルーライト軽減フィルターを貼り付けたり、ドライアイ用の目薬を使用して目の負担の軽減を図ったのです。

 

目のピントが合いにくくなっている感じがしていたので、蒸気が出るアイマスクを使ってみました。そうすることで、目の周りの血行を良くしてピント機能の回復を図ったのです。

 

しかし、パソコンを使用したデスクワークの仕事量が増えてくるにつれて、目薬をさす時間や蒸気の出るアイマスクを使用する時間がとれなくなりました。その結果、目が疲れた状態のまま仕事をしたために、却って仕事の効率を落としてしまったのです。

 

「目のリフレッシュをする時間すら与えてくれない会社は、はっきりいってクソな会社だ」

 

と、当時の自分は思っていたことを覚えています。

 

 

文字が読めなくなり、諍いの元に

目の悩みで一番辛かったのは、文字が見えないことでした。

 

パソコンはもちろん新聞や雑誌の文字も、疲れ目の症状が酷くなると見えなくなりました。文字が見えなくて困ったのは、

 

「漢字が読めない人なんじゃないのか?」

 

と、思われたことです。人によっては、

 

「あんた本当は文字知らんねやろ」

 

と、直球で言ってくる人もいました。頭にきたので、

 

「あんたよりいい大学出てるんやけど?あんたどこの大学出てんの!」

 

と言ってけんかになったこともあり、文字が見えなくなることは本当に辛かったです。普段良い人に見えた人が実は嫌な奴だというのがわかったりして、さらに辛く感じた。

 

「何で文字が見えないだけのことで、しょうもないけんかをしないといけないのか?」

 

と思うと、周りと自分が情けなく感じました

 

 

やむを得ず病院へ。「あまり酷くない」と聞いて安心しました

疲れ目の原因は、パソコンによるデスクワークだったと考えています。対策として目によいブルーベリー等のサプリを飲んだり、ドライアイ用の目薬を使用したりしました。

 

時間がある際は蒸気の出るアイマスクを使用し、目の血行を良くしてピント機能を改善したりしました。そこまでしてもデスクワークの仕事は目を酷使する仕事だから長く続ける仕事ではないと当時の自分は思いました。

 

しかし、デスクワーク以外の仕事ができる自信がありませんでした。だから最終的には医者に行き、専用の目薬をもらって仕事をしました。疲れ目だからといって、仕事をやめてしまう勇気は自分にはなかったのです。

 

「医者に行くことは仕方の無いことだ」

 

と思い、通院に対する抵抗はありませんでした。医者に行った結果、症状があまり酷くないことを聞いて安心しました。

 

 

疲れ目を制する者は、仕事効率をも制す

目の症状が改善して気付いたことはまず、

 

  • 見えなかった文字がまた見えるようになったこと
  • 目の痛みがなくなっていること

 

この2点でした。

 

見えなかった文字がまた見えるようになったことで、パソコンによるデスクワークの効率が良くなり、早めに仕事を終えて家に帰れるようになりました。逆に”いつまで経っても仕事が終わらない人”は、やはり目が疲れている人だったのです。

 

そしてかつて、

 

「文字も読まれへんのか」

 

と言っていた奴が、全然仕事が終わってないのを見た時には思わず笑ってしまいました。

 

「こいつ仕事も出来ないのかよ、つっかえん奴や」

 

と考えてしまったのです。文字が見えやすいのとそうじゃないのとでは世界がまるで違い、仕事を終える速度にまで影響をするとは当時の自分は思ってもみませんでした。

 

 

目の悩みがある方はまず医者にかかろう

どうしても疲れ目が取れない人は早めに医者に行くべきだと思います。遅くなればなるほど、症状が酷くなる可能性があるからです。

 

 

関連記事

  1. PC・オンラインゲームにハマった結果、とんでもない”目”に
  2. 目の疲れ偏頭痛
  3. ブルーライトカットフィルムなどで、眼精疲労をしっかりケア