加齢と共に疲れ目がひどくなっていくのを実感

この記事は2分で読めます

加齢と共に疲れ目がひどくなっていくのを実感

 

性別:男性
目の疲れ悩みはじめた年齢:40歳
目の疲れ悩んでいた期間:2年間
購入した商品:特にありません。

 

40歳になったら突然、疲れ目で悩むようになりました

疲れ目の悩みに気付いたのは、40歳になってから突然のことでした。これまで疲れ目などとは無縁の生活を送っていたのです。急に目の疲れなどを感じるようになり、非常にいやな気分になっています。きっかけはきっと、スマートフォンの使いすぎなのだと思います。

 

電車で通勤しているのですが、距離は片道で1時間ほど。その間ずっとスマホを見ています。目のピントが急に合わなくなり、非常に疲れやすくなりました。症状はどんどんひどくなる一方なので、非常に悩んでいます。

これが改善できれば、生活の質がかなり向上すると思います。しかし、今のところこれといった抜本的対策がなく、非常に困っています。

 

 

眼精疲労のせいで暗い気持ちに支配されてしまう

「疲れ目の悩みに気づいたことで、どのように生活が変わりましたか?」

 

と問われると、常に目薬を持ち歩くことになったと答えます。眼精疲労とよく言いますが、目の疲れは一日中常につきまとうので、精神的に大きなストレスがかかります。目薬をさすと一時的に良くなりますが、また目の疲れが出てきてしまいます。正直、ほぼ一日中、目薬をさす状況です。そのため、日常生活にも思いっきり悪影響が出ています。

右目だけつらいときと、左目だけつらいとき、両方つらいときがありますサプリメントなどを色々と試しましたが、これといった抜本的対策にはなりませんでした。

そんなこんなで、今も眼精疲労に悩まされ続けています。そのせいで、常に暗い気持ちに支配されています。

 

 

寝ても眼科に行っても改善されない悩みに、気持ちが暗くなった

疲れ目の悩みで、一番辛かった体験を告白します。それは、終日にわたって、眼球に大きな違和感を覚えたことです。より具体的に言うと、眼球の周りの筋肉も炎症を起こすような状況になりました。その結果、仕事にも支障をきたすようになったのです。

 

ひどいときには頭痛がして、仕事にならないことがあります。吐き気をもよおすことはないのですが、朝起きてすぐに目の疲れが出てしまいます。

一旦寝てしまうと、目の疲れがリセットされると思うのですが、寝て起きても全然スッキリしません。このままの状況が続けば精神的に負荷がかかりすぎて、うつ病になってしまいそうです。眼科に行っても、点眼薬をもらうだけです。今後の抜本的な対策が見出せないので、非常に気持ちが暗くなります

 

 

対策をとっても一時しのぎにしかならず将来が不安

疲れ目の悩みの原因は、

 

・仕事によるパソコンの使いすぎ

・電車通勤時のスマートフォンの使いすぎ

・加齢によるもの

 

この3つだと推定しています。

疲れ目の悩みに対してどのような対策をしているとかというと、目薬をさしたり、タオルを暖めて目の上にかけて、目の周りの筋肉をほぐしたりしています。正直、少しは緩和されますが、一時しのぎにしかなりません。

「このまま死ぬまで眼精疲労に付きまとわれてしまうのか・・・?」

 

と言う不安感でいっぱいです。

今でも我慢の限界を感じています。それなのにもっとひどくなれば、どうなるか自分でもコントロールできないかもしれません。社会医療の進歩を待つしかないのでしょうか?将来が非常に不安です。

 

 

年を取るのが怖くなりました

疲れ目が改善したことは、これまで一度もありません。目薬や目のマッサージで、一時的に症状を軽減させているだけです。しかし、目の疲れを気にしすぎると余計に疲れてしまうので、あまり気にしないように気をつけています。

20代のころは目の疲れなどなかったので、生活のリズムは非常に良かったです。30代になってから目の疲れが出始めて、生活のリズムが狂いだしました。気持ちも沈んでいく一方です。40代になった現在は目の疲れがマックスになって、今も悩みはつきません。なんとかごまかしながら付き合っていくしかないのだと思います。具体的な対策としては、定期的に眼科に行って点眼薬をもらい、目のマッサージも行っています。

加齢とともに目の疲れも悪化しているので、50歳になることが怖いです。

 

がんばって、疲れ目の悩みと戦っていきましょう!

 

関連記事

  1. かすみ目対策の目薬などを使って、眼精疲労を軽減させよう
  2. ブルーライトカットメガネで疲れ目が楽になりました
  3. 目の健康管理
  4. 「遺伝的に目が疲れやすい」と言われた私なりの疲れ目への対処法