PC・オンラインゲームにハマった結果、とんでもない”目”に

この記事は3分で読めます

PC・オンラインゲームにハマった結果、とんでもない”目”に

 

性別:男性
目の疲れ悩みはじめた年齢:20代前半の頃から
目の疲れ悩んでいた期間:20代前半~現在
購入した商品:氷嚢(温水に浸けたタオルと交互に目に当てて疲れを取る)

 

ある日、気づいたら目の焦点が合わなくなった

10代の後半にPCやオンラインゲームにハマり始め、気付いたら目の焦点がぼやけて見えにくくなっていました。以前まで見えていたはずの標識や、黒板の字が読めなくなっていたのです。周りの風景に霞がかかったようになってしまい、別世界に放り込まれたような感覚がありました。若いうちは、

 

「大したことないや」

 

と思っていましたが、いざ30代に差し掛かってくると、

「こりゃしくじったかな?」

 

という感情が、時々湧いてくるようになりました。しかし、PCのない生活は考えられません。それにスマホはまだ、所持したことすらありません。もし手元にあっても、あんな小さな字を凝視したいとは思いません。

ただ、観光地や山野など、自然の風景きちんと見られなくなったのは少々残念に感じました。他にも外を歩いていると、やっぱり周りがなんだかハッキリ見えないのは辛いものがあります。

 

 

偏頭痛に悩まされた結果、私がとった自分なりの対策

しばらくして、偏頭痛に悩むようになりました。ストレスが原因だと思うのですが、毎日のように頭痛に襲われているうちに無気力になりました。

 

「何もしたくない、考えたくない」

といった感覚に囚われてしまい、「外に出たい」という気も起きませんでした。ほんの一時期ですが一日中寝転んだり、引きこもっていたこともあります。また、自動車免許の取得の際は、眼鏡をかける必要がありました。

 

対策として、まずはPCの使用時間を減らしました。さすがに画面を見ている事自体、面倒な気持ちになる事も増えたのです。それ以外では入浴中に水とお湯を交互に浴びて疲れを早く取るように努めたり、夜は早めに床に就くようにしました。脳が覚醒したままだと不眠症になると知ったからです。

 

 

脳疲労?ある日突然めまいに襲われた

何よりも辛いのは、今でも偏頭痛がずっと続いている事です。頭の左片方が重くなったり、ズキズキとした感覚があります。それだけでなく、不眠症にもなりました。何時間寝ても全く頭痛が改善しないし、何かしようと思っても「何をやればいいんだ?」と思ったり、「こんなはずじゃないのになぁ」とか言う気持ちになりました。

 

しかし体が鉛のように重く、「何もしたくない」という気持ちだけしかないような状態が続いたこともありました。

1度だけ目まいを起こした事があります。家族から顔色が悪いと言われ、鏡を見たら自分でもハッキリと分かるくらい真っ青になっていて、なんだか知らない内にクラクラきて横になった事がありました。当時は食事制限もしていたので、栄養不足だったのかもしれません。しかし常にPCを使用していましたので、もしかしたら脳疲労のせいかもしれません。

脳疲労が起きると心臓もチクチクと何かが刺さるような感覚に陥り、最悪「鬱」状態になる事もあると聞いたことがあります。

 

 

不快な頭痛。その原因は?

ずばりPCによる目の使い過ぎです。当時の私はオンラインゲームなどにドハマりしていたので、

 

「PC無しでは自分は死んでしまう」

 

と公言して憚らないぐらいの人間でした。しかし、今ではそういった目に負担のかかる事は全部辞めて、

 

「疲れたかな」

 

と思ったら素直にPCから離れる。日の出ている時間は、日光を浴びながら歩く。などをして、体内時計の調整に努めたりしています。また、温水に浸けたタオルを目に当てて横になり、意識して目の疲れを取るようにしています。

目薬や光を当てる特殊治療も検討しましたが、やっぱりこういう物は自然治癒が一番と思っております。また、PCや電子機器の類から離れるために、図書館に出向いて気になる記事や週刊誌に目を通すように生活習慣を切り替えました。

 

 

目の疲れとは上手に付き合っていくことが重要

しばらくそういった生活を続けていくうちに頭痛が治まり始め、朝も普通に起きられるようになりました。少しは改善したかな?

と思うようになった頃、やる気に満ち溢れた生活に戻ることができたのです。その結果、

「今までどうしてPCやオンラインゲームに、こんなにハマっていたのだろう?」

 

と考えるなど、思考にも余裕が出たりしました。

もちろんPCから完全に離れた生活をしているわけではないので、目の疲れは今でもあります。でも、そういう時は素直にPCから離れる事が出来るようになりました。

頭痛は今でも起きます。これはもうキッパリとPCとの縁を切らない限りは消えないでしょう。でもPC無しの生活は考えてないので、うまく付き合っていくしかありません

 

 

 

関連記事

  1. 辛い疲れ目
  2. ブルーベリーサプリメントで健康な目を手に入れよう!
  3. デスクワークで疲れ目に悩み、文字が読めなくなった体験談