食生活や目薬で疲れ目を改善

この記事は3分で読めます

性別:女性
目の疲れ悩みはじめた年齢:40歳くらい
目の疲れ悩んでいた期間:悩み始めた40歳くらいから今も(現在48歳)
購入した商品:商品は目薬。 効果はすぐには効かなかった。 でも何個か違う目薬を使ってみて効果はでた。 効果は、パソコンを使っているけど目の疲れで見えにくかったが見やすくなった。

 

 

目のかすれや字がぼやけるようになった

40歳ぐらいになった頃、仕事でパソコンを使ったり、自分のスマホを見ている時に字がぼやけるようになりました。 また、細かい字も見えにくくなったのです。

 

気付いたのは仕事でパソコンを使っている時に、「理由は分からないのだけど、何故か字がぼやける」と思ったのが最初のキッカケでした。

 

それからスマホを普通に使っている時も、字がぼやけて見えるようになりました。目がかすれるようにもなったので、「目が疲れているのかな?」と思いました。

 

はっきり言って、気付いた時はすごくショックでした。 年齢のこともあったので、最初は老眼だろうかとも思いました。 でもパソコンやスマホをよく使うので、それも原因なのかなと思いました。

 

また、スマホを使っている時、たまに友達から冗談で「字が見える?」と言われたことがあります。

 

その時はすでに、見えにくくなっていたのだと思いました。

 

 

時間を決めてパソコン・スマホを使うように

パソコンなどを使うと目がぼやけることが分かったので、使う時間を減らそうと思いました。 しかし、パソコンは仕事で使う道具ですので、使う時間を減らすのは難しいです。取引先とのやり取りにも使うので、正直「無理かもしれない・・・」とも思いました。

 

しかし、仕事をする際はなるべく時間を決め、メリハリをつけて取り組むようにしました。合間に休憩を挟むように心がけたのです。 そしたら自然と、仕事がはかどるようになりました。 スマホを使う際も同じように、メールも時間を決めて使うようにしました。

 

理解を示してくれる友達はメールや電話をする時、「時間大丈夫?」と声を掛けてくれたので、嬉しかったです。

 

 

頭痛のひどさに仕事に支障が出ることも・・・

目の疲れによる体の不調もありました。一番気になったのは、頭痛です。 普段はあまり「頭が痛い」という事がなかったので、こんなに痛い思いをしたのは初めてのことでした。 あまりに頭痛がひどいので、朝起きる時に時間がかかったりしました。

 

最初の頃は特にひどくて、仕事中も痛い時がありました。 その時は上司に申し出て、休憩をもらいました。 最近はあまり頭痛を感じないので、上司や同僚にも当時のことを笑って話すことができます。

 

今も少し痛い時がありますが、最近では同僚などが気を遣って「休んでいいよ」と言ってくれます。 そのおかげで精神的に楽になったのか、仕事中の頭痛は少し減りました。

 

しかし、朝起きる時はまだ痛むことがあるため、それが若干悩みの種になっています。 それさえ治れば、頭痛は大丈夫かな?と思います。

 

 

眼科の目薬とブルーベリーで改善を試みた

最初、目が疲れる原因がよく分かりませんでした。調べてもらうために眼科に行ったのですが、

 

「視力が悪いこともあるが、目の使い過ぎだ」

 

と、言われました。 しかし、まだ老眼にはなっていないと言われたので、ほっとしています。目薬を使うよう指示されたのですが、私は市販の目薬を既に使っていました。そのことを伝えると、

 

「市販の目薬と病院の目薬は違う。処方した物を試しに使ってみなさい」

 

と、言われました。

 

言われた通り期待しながら使ってみると、次第に効果が出てきました。 仲の良い友達に目の疲れの事を話すと、

 

「病院の目薬も良いけど、目にはブルーベリーが良いよ」

 

と、教えてくれました。だから 現在では目薬の使用と併せて、ブルーベリーも食べています。

 

 

その後、どうなったのか

目の疲れは、最初に比べると少しは改善した方だと思います。 改善した時には、「やはり目は大切だな」とつくづく思いました。

 

疲れ目が気になるようになってから、目に良い食べ物を摂るように心がけています。例えば目にはビタミンAやCなどが良いと聞いたので、なるべく摂取するようにしたいと考えています。また、ブルーベリーは今でも欠かさず食べています。

 

ある程度改善したとはいえ、まだ完全に疲れ目が治ったわけではありません。だから、多少まだ悩んでいるというのが正直な気持ちです。 そのため、パソコンやスマホを使う時間を、ある程度決めたりしています。

 

「目薬を使ったり、食べ物にも気を付ける」という感じで、今まであまり気にしなかった事を少しずつ気にして目に悪いことは控えるようにしています。 また、これからも目に良い食べ物を調べて、積極的に摂っていこうと思います。

 

 

食生活から疲れ目予防をすることがオススメ

私が一番気にしているのは、パソコンやスマホの使い過ぎです。

 

メールは相手がいるので、放置することはできません。だから誰かから連絡があれば、パソコンやスマホを開かざるを得ないでしょう。 対策として有効なのは、やはり食生活だと思います。

 

家族がいる人は、みんなで気を付けながらできます。 でも、一人暮らしの人は、自分1人でどうにかしなくてはいけません。なかなか食事に気をつける時間が取れない場合は、嫌いでなければサプリで栄養を摂取するのも有効です。

 

目が悪くなると、生活に大きな支障をきたします。そういった点も考慮して、目に良い生活を心掛けることをオススメします。

 

関連記事

  1. 目薬ドライアイ対策
  2. ブルーライトカット眼鏡
  3. 「蒸気でホットアイマスク」で疲れ目が軽減