高校時代から社会人になってなお続く疲れ目の悩み

この記事は3分で読めます

性別:男
目の疲れ悩みはじめた年齢:17歳
目の疲れ悩んでいた期間:10年間
購入した商品:目薬(ロートEX)を購入しました。私はドライアイなので、起きてから夕方ごろには目がかすみ始めます。そこでロートEXをさしていました。しかし、爽快感だけがあるだけで潤いが持続することはありませんでした。

 

 

大学受験を控えたある日、疲れ目に気づいた

疲れ目に気が付いたのは、高校生のときでした。

 

田舎に住んでいたので、移動は基本的に自転車を使っていました。塾に行こうとして自転車を漕いでいた時に、信号機の青色がぼやけて二重に見えたのがきっかけです。

 

発覚した時は、

 

「やっぱり疲れ目になったか」

 

と、妙に納得した気持ちでした。

 

当時の生活では疲れ目になる原因に、心当たりがありすぎました。一つが、大学受験のために勉強時間が1日12時間だったことです。それに加えて、親に少し前に携帯を買ってもらいました。夜な夜な真っ暗な部屋で、携帯を眺めていることが多かったので、

 

目が悪くなるだろうな・・・」

 

とは思っていたのです。なので、疲れ目っぽいなと実感した時は、

 

「やっぱり疲れ目になってしまったか」

 

といった、諦めのような気持ちでした。

 

 

3D絵本やブルーベリーで疲れ目の改善を試みてみた

疲れ目に気づく前は、視力は両目で1.2ありました。疲れ目で目がかすみ始めてからは、「なんとか視力を落とさないようにしないといけない」という焦りも生まれてきました。

 

疲れ目で悩むようになってからは、視力を改善しようと生活の中でいくつかの方法を試しました。

 

例えば、視力が良くなる絵本です。本屋によく売っている、

 

「目のピントをずらしながら絵柄を見ていると、3Dで物体が浮かび上がる」

 

というやつです。

 

最初は一日一回くらいの頻度で、その本を読んでいました。しかし効果が出ているのか全く分からず、1週間くらいでやめました。また、進んで遠くの景色をよく見るようにしました。携帯を見る時間も、できるだけ減らしました。

 

少なくとも真っ暗な部屋で、携帯をいじることはやめました。あとは週に1度はブルーベリーを食べるようにしていました。

 

 

部活動のバレーボールでミスが頻発

疲れ目で一番辛かったのは、部活動のときでした。部活はバレーボール部に所属していました。疲れ目で遠くが見えづらくなるので、ボールがはっきり見えません。正直、かなり苦労しました。

 

バレーボールのレシーブは、腕とボールの当たる位置がかなり重要です。そのため、細かくボールが見えないと、うまく取ることができません

 

眼鏡をかけてもボールが顔面に飛んでくることもあるため危なっかしくてできません。

 

コンタクトにすれば良かったのかもしれませんが、そもそもドライアイなのでコンタクトを付けると目が乾いて余計に疲れ目になりました。負のスパイラルです。

 

結局、眼鏡もコンタクトもなしで、バレーボールをやっていました。その結果ミスが多くなり、先生にもよく怒られていました。怒られているときは、

 

「目が見えさえすれば!」

 

と、思っていたのを覚えています。

 

 

小林製薬のアイボンなどが救ってくれた

疲れ目の悩みの原因は、2つ思い当たるところがありました。1つは、勉強などで長時間近くの文字を読んでいたこと。もう一つは、ドライアイで目がよく乾くことです。

 

1つ目の勉強については、大学受験がありますので、時間を短縮することはできません。なので2つ目のドライアイだけ、何とかしようとしました。

 

ロートEXなどの目薬をさすようになりましたが、そこまで効果が実感できませんでした。個人的に一番良かったのが、目の洗浄薬で洗うことです。小さいカップに洗浄液を入れて、そのカップで目を洗うやつです。小林製薬のアイボンなどです。

 

洗浄液はかなり爽快感もあり、潤いも持続しました。

 

「これなら続けられるな」

 

と思い、勉強の合間に息抜きでよく洗浄をしていました。

 

 

社会人になってからは、学生時代以上に疲れ目で悩んでいます

私は社会人になった今も、疲れ目に悩んでいます。むしろ今の方が、悩んでいます。

 

仕事を始めて、今までより圧倒的にパソコンのディスプレイを見る時間が増えています。夕方ごろには、目が本当にしんどいです。ドライアイは治りつつあるのですが、コンタクトをしている日には、夜までには乾いてぱさぱさになるので捨てています。

 

色々なコンタクトを試しましたが、目が乾燥するのは治りません。なので、今はワンデイのコンタクトを付けて会社に行き、外回りが終わって帰社したあとは、ワンデイを捨てて眼鏡で仕事をしています。かなり不便です。

 

パソコンをあまり長時間見たくはないのですが、それでは仕事が進まないので頑張っています。最近はパソコンのブルーライトをカットする眼鏡を買おうか迷っている所です。

 

 

最後に、疲れ目で悩む皆さんへの一言

私も疲れ目を完全に克服したわけではありませんが、色々と試したうえで一つアドバイスするとすれば、おとなしく眼医者に行きましょうということです。

 

いいお医者さんを見つけて、継続的に治療に臨むことが疲れ目克服の一番の近道だと思います。処方してくれる目薬一つにしても、市販薬と違ってよく効きますしね。決して無理せず、だけどあきらめずに根気よく付き合っていくことが大切ですね。

 

私も頑張って治そうとしています。皆で一緒に頑張りましょう。

関連記事

  1. ブルーライトカットメガネで疲れ目が楽になりました
  2. ストレスで目がぼやけ
  3. 40代の目の疲れ
  4. 初めてのスマホ・パソコンに夢中になった結果、ひどい疲れ目に・・・