老眼の改善は可能?私なりの老眼が進行しない対策と最新の治療法

09.122017

この記事は5分で読めます

虫メガネでパソコンをみる男性

 

このごろ、私の目の症状がむかしと違ってきました。

昔は目がただただ疲れる、ドライアイで点眼すれば改善していたのが、この頃では、朝は近くや遠くもはっきり見えるのですが、夕方になると遠くがかすんだり、近くの者は見えても、細かい文字がいまいちはっきりしなかったりします。

 

 

でも、症状もこんなに続くと困ったもの。

いい点眼薬が無いかと思い、眼科に行った結果、「老眼始まっていますね。」と眼科医。

「えっ?うそでしょ?私まだ若いし。」思わず眼科医に言ってしまいました。

 

 

とうとう老眼デビューした私ですが、分らないことだらけです。

老眼の改善は可能なの?今近視・乱視用の眼鏡つけているけど、眼鏡は老眼用に買い替えなきゃいけない?老眼対策の点眼薬ってあるの?眼科医は「ど素人が・・・。」というような目で見ながら(そりゃ、ど素人ですとも!)懇切丁寧に教えてくれましたよ。

 

 

「老眼の改善は何もしない状態を続けていたらできません。自分の身体の老化が改善できるかって言ったら、出来ないでしょ。ただ、顔を例にすると、しわが出来るのを、仕方ないで終わらせないで、女性の方々は一生懸命、化粧水やクリームを塗ったり、エステに行ってパックて、少しでも老化に対して抵抗するでしょう?そういった老化の進行を抑えようとすることはできますよ。あとは、老眼の症状がつらくてどうしようもないという場合は、お金がかかりますが、ちょっとした手術で改善もされますよ。」

 

 

そうか、「老眼」は「老化現象」だもんね。

ドライアイみたいに、点眼したら改善するような簡単なものじゃないんだ。

 

 

「老眼の改善」まではいかなくても、抑えることはできるのか!ぜひやってみようじゃない!

えっ?でも、老眼が進行したら手術という方法も?

 

 

白内障・緑内障でもないのに?今の医療技術って進歩しているんだなと思いました。

 

 

そこで、今私が老眼の改善まではいかなくとも、少しでも遅らせるための目のケアと、眼科医に聞いた最新の治療法についてご紹介します。

 

 

 

眼科できちんと視力測定・診断してもらう

 

まずは、眼科に行くことをお勧めします。

眼鏡屋よりより細かく視力測定してくれます。

 

 

「老眼」は目のピント調整力の低下です。目の様々な筋肉や、カメラで言うとレンズの役割をする水晶体の伸び縮み力が低下するのでピント調整することができません。

 

 

ピント調整をする筋肉・水晶体の伸縮の低下は、人間の全身の筋肉と同じで、年を取るごとに筋力が低下したり伸縮がしづらくなるので「筋力の改善」とはいかないように、「老眼の改善」とはならないようです。

 

 

ピント調整がどのように低下しているかは人それぞれだし、近視・乱視・遠視の程度によっても違ってきます。

 

 

眼鏡屋さんは簡易な測定(5~10分程度)なのに比べ、眼科は約20分かかって、きちんと調べてくれました。

 

 

また、病気の場合もあるので、見え方がおかしいと感じたら、面倒くさがらずにいったんは眼科に行った方が良いと思います。

 

 

 

適材適所の眼鏡をつくる

メガネをかける女性

 

次に眼鏡ですが、本やスマホ、チラシなどを見る距離とパソコン作業をする距離、遠くの人の顔をみたりテレビを見たり、会議でアジェンダを見たりと遠くのものを見るのでは、ピント合わせも違ってきます。

 

 

自分の好みによりますが、本を見るための眼鏡(距離にして30cm位)とパソコン作業用(距離にして50~60cm)、遠距離用と3種類基本的にあるみたいです。

 

 

私はもともと近視・乱視なので、近視用の眼鏡(遠くが見える眼鏡:テレビを見たり、会議に使用)は特に変えなくてもよいとのことだったので、そのまま使用しています。

 

 

問題は近くです。私はまだパソコン作業は問題ないので、本当に細かい字を見るための老眼鏡を作ってもらいました。

 

 

遠近両用にするか悩んだのですが、老眼鏡(遠近両用)を20年間使用している方からのアドバイスで遠近両用は辞めました。

 

 

この遠近両用眼鏡は、あるからくりがあるそうです。

眼鏡レンズの下半分が近くを見るためのレンズ、上半分が遠くを見るためのレンズになるそうです。

 

 

下半分のレンズが細かい字や本当に近接のものを見る場合のレンズが入っていると、階段を降りる時にぼやけるそうです。

階段を降りる時、自然と下を向きますよね。

30cm位の距離が一番よく見えるレンズで、階段を降りようとするんです。

すごーくこわいそうです。

 

 

遠くはみたいから遠近両用をかけても、上を向かないと遠くが良く見えない・・・。

私、ただでさえ転びやすいのに、階段から転んだら、目も当てられません!

今は老眼と近眼の2つを使い分けて、おしゃれ感覚で楽しんでいます。

 

 

 

老眼進行・悪化から眼精疲労を起こさないための目薬・サプリを活用

 

残念ながら、医師が処方できる老眼の改善をする点眼液はないそうです。

ただ、ピント合わせをひたすら行った結果、目の疲れが悪化して眼精疲労(肩こり・頭痛・吐き気等)までいくこともあり、眼精疲労用の目薬はあるそうです。

 

 

ただ、市販されているサプリやビタミンを含んだ点眼液はあります。

 

 

現在、目の症状別にたくさんのサプリが出ています。

今、私は老眼、眼精疲労と診断されたこともあり、どちらにも効く成分は「アスタキサンチン」らしいです。

 

 

抗酸化作用(老化防止)、疲労回復作用のあるものです。

現在ネットで購入中です。

 

 

目薬も、1個でたくさんの成分を含む目薬がありました。

 

 

老眼にいいよと薬局の方に言われたのですが・・・

 

  • 涙を保持する:コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
  • ピント調節機能を高める:つらい眼精疲労に
  • 角膜代謝を促進する:パンテノール、タウリン、ビタミンB6

 

 

「年齢の乾きによる疲れ目、目やにを伴う目のかすみにアプローチ!」というキャッチフレーズですが、やはり思いっきりピント調整してくれる!老眼の改善!という訳ではありませんね。

 

 

でも老眼による副作用的なものに対処する目薬なのかなぁと思います。

 

 

今は、眼精疲労の点眼液を処方してもらっているので、もう少ししてサプリでも効かなかったら試してみようと思います。

 

 

 

最新の老眼治療法

 

老眼をネット検索すると必ずヒットするのが「老眼の治療」というものがあるそうで、中身をみると、「老眼の改善」が出来るとなっています。

 

 

眼科専門医がいる眼科で行うことが出来るそうです。

 

 

遠近両用レーシック

 

レーシックで遠近両用?老眼の改善?今や近眼だけじゃないんだ!

 

 

レーシックって、角膜を削って見え方を調整する治療らしいのですが、遠近どちらも対応可能とは驚きです!

 

 

しかし、値段も驚きです!保険がきかないし、自分の生命保険等もレーシックが出来たりできなかったりします。

 

 

レーシックは賛否両論で、良く見える!という人もいれば、変わらない、悪くなったという話も聞きます。

 

 

どうして賛否両論になるかは定かではありませんが、近眼・遠視・乱視でもそのような状態であるのに、老眼治療となると、あまりやっている施設がありません。

 

 

やるとしても、自分の老眼がもっと悪化するか、もう少し、日本にひろまったらですかねぇ。

ある施設の両眼の値段:418,000円

 

 

遠近両用フェイキック

 

角膜を削らない、見え方の質がとても高い手術だそうです。

 

 

従来のフェイキック手術では、近視・遠視・乱視しか治療できませんでしたが、ついに老眼も治療できる遠近両用のフェイキックレンズが日本でも導入されたようです。

 

 

フェイキック手術は、レンズを取り除けば元の状態に戻せる可逆性の手術ですので、手術のリスクが低いことが大きなメリットです。

 

 

この治療は、両眼に行いますので、左右の見え方に差が生じることがない(両眼ともに遠近が見える構造)ため、眼精疲労などの症状も軽減できます。

 

 

また、ドライアイや角膜混濁といった手術後のリスクが少ない老眼治療です。

レーシックより安全な気がしますが、お値段も十分に張ります。

ある施設の両眼の値段:698,000円

 

 

老眼治療カメラ

 

世界47ヶ国で行われており、実績のある治療法だそうです。

 

 

角膜に薄く小さなリング状のフィルムを挿入するだけで、そのピンホール効果によって老眼を改善することができます。

 

 

ピンホールとは、いわゆる、目が見えにくい時に人は目を細めますよね。

その効果だそうです。

 

 

現在も、“老眼治療カメラ”や“リーディングアイ”といった名称で普及しているそうです。

ある施設の両眼の値段:276,000円

 

 

 

どれも値段的に高くて、でも周りでやった人もいないので、もう少し様子見ですね。

良いものだとは思いますが、先立つものは金・・・なので。

 

 

 

まとめ

メガネを上にあげ目を指で押さえる男性

 

  1. 老眼は、老化と同じ!老眼の改善は手術しないかぎりない!
  2. 眼精疲労までいかないように、老眼の視力測定をきちんとした上で、眼鏡を作ろう!
  3. 自分のライフスタイルにあった眼鏡を作成しよう!
  4. 目薬・サプリも併用する
  5. 最新の治療も要チェック(高いけど・・・)!

 

 

まずは、「目」を老化させないために「目」にいい環境を整えましょう!

女性だったら、自分の顔のケアをするように!

 

 

老眼の改善は見込めなかったとしても、進行を抑えることはできるはずです!

 

 

関連記事

  1. ぼやける新聞と老眼鏡
  2. メガネを外してファイルを見る老人
  3. スマホを使っている女性02
  4. メガネを外して文字を読む老婆