疲れ目が原因で転職。手術も受けた体験談

この記事は3分で読めます

性別:男性
目の疲れ悩みはじめた年齢:35
目の疲れ悩んでいた期間:35
購入した商品:市販の目薬
職場にも持参して一日数回点眼をしたので、目もすっきしした状態になったのです。

 

 

パソコンを使う仕事から目の疲れを実感

最近目がショボショボしたり、文字が二重に見えてくるなど、目の疲れを実感することが多くなってきました。朝から深夜まで図面作成の仕事をしているのですが、仕事柄パソコンに向き合うことが多いのです

 

そのせいでドライアイや、疲れ目の症状が出てきたのだと思います。常に一点を見つめているので、瞬きの回数も少なくなってきています。そこから目がかすんでしまうため、

 

「目を休めなければ・・・」

 

と、思うこともありました。また、悲しいわけでもないのに涙が出てきたりと、感情面でも不安定になってしまいました。今は日常生活でも使用する電子機器が増えてきていることから、「目が疲れている」と感じている方も多いような気がします。

 

仕事で入力ミスが多くなってくると、目の疲れが原因だと気づくこともあります。

 

 

疲れ目が原因で転職を決意

目のことで悩むようになったため、長時間パソコンやスマホなどを見過ぎないようにしました。また、目の疲れは視力にも影響があります。だから目を休めても文字が見にくい時は、視力が低下していることも考えられます。

 

そんな時は、眼科に通う生活が続くこともあります。

 

職場や自宅でパソコンを使う時には、一時間ごとに休憩して目を休めることにしています。視力が悪くなってきましたので、今まで見えていた文字も見えなくなってきました。そのことから、パソコンやスマホの文字を大きめに表示して、操作をするようになってます。

 

かなり症状が悪化してきた時には、周囲を見ても見にくく感じることがありましたので、メガネをかけることになったのです。メガネをかける頃には、視力が低下した原因はパソコンだと思ったので、職場を変えることにしました。

 

 

≪見出し≫

目の疲れで辛かったのは、めまいや吐き気を催したことです。目が見え辛いと気分もすっきりしないので、うつに近い状態になりました。目が見え辛いためしかめっ面をすることが多くなり、眉間にしわが出来るようになってしまいました。

 

疲れ目は、日常的な生活の中でも、非常に重要な問題をもたらします。一度視力が低下したため、

 

「また目が悪くならないように」

 

と、近くでテレビを見たり、パソコンの画面を見続けたりすることを控えるようになりました。吐き気があった時には、病院に行ったこともあります。その時は「目の症状が原因」と言われました。

 

だから目の健康を考えるためには、仕事選びも十分に気を付けなければならないと思います。

 

 

目の悩みがある際は眼科で診てもらうことがオススメ

疲れ目の原因は、パソコンとスマホを見過ぎたことだと思っています。特にスマホは、夜寝る時によく眺めていました。

 

私なりに考えた対策は、パソコンの使用が少ない職場に転職することでした。そして、目にいい食べ物を積極的に摂ることにしています。

 

アントシアニンが多く含まれているものを継続して摂り入れることで、心情的に目が良くなってきたような気がします。

 

目が見えにくくなった時は、他の病気である可能性があります。だから、眼科で診てもらうことをお勧めします。眼科は目の専門家ですので、正直に症状を話すことで、

 

「目の悩みの原因がどこにあるのか」

 

が、はっきり分かるようになります。

 

症状によっては、目薬をさしても効果がないこともあります。私の場合は眼科で診てもらい、手術を受けることで視力を回復させました。

 

 

手術を受けることで劇的に視力が改善!

視力が改善出来た時には、自分の目に映る景色が素晴らしく綺麗で、世界が変わってしまったかのように見えました。手を見ると、これまで気にも留めていなかったた血管がはっきりと浮き出て、見えるようになったので驚いたのです。

 

医師からも、

 

「放っておいても視力が回復することはない

 

と言われていたので、手術に踏み切ったのです。視力が低下していた時は、どこを見てもはっきりと見えることはありませんでした。

 

しかし、手術後から靄が晴れたように綺麗に見えたので、生活がしやすくなりました。しかめっ面をすることもなく、喜びを感じてます。私の心の中では、第二の人生を楽しんでいる所です。

 

視力が良くなって細かいものも見えるようになったので、ちょっとした汚れにも気づいてしまうくらいになりました。

 

 

悩んだら眼科で治療のアドバイスを受けよう

目が見えにくくなって悩んでる方は、多くいらっしゃると思います。

 

目の悩みが解消されない時には、そのまま我慢せずに眼科に行きましょう。医師に診てもらえば、どのような症状なのかをはっきりと答えてもらうことができます。そして、必要であれば、治療方法も考えてくれます。

 

医師から処方された点眼は、言われた時間に決められた回数を点眼する必要があります。その時間にするのを忘れたりしたら、時間が遅くなっても点眼をして、残りの回数をずらして点眼することがいいです。

関連記事

  1. 目の疲れは努力で改善できる!
  2. 「蒸気でホットアイマスク」で疲れ目が軽減
  3. 疲れ目はパソコン
  4. 液晶モニターで疲れ目になったイラストレーターの体験談