老眼の進行って止められるの?老眼の進行を抑える私なりのアイケア

この記事は5分で読めます

メガネの右フレームを押さえて下向く男性

 

最近、私は近視なのに、近くのもの、細かい文字が微妙にかすむようになり、近視だから老眼にならないはずなのに、老眼症状?

と思い眼科に行きました。

 

 

眼科医の診断は、「老眼になり始めていますね。」でした。

 

 

な、なんと・・・。

近眼の人は老眼にならないんじゃないの??

というショックもありましたが、それ以上に、私この年で老眼?!

ということがショックでした。

 

 

しかも、私の仕事(パソコンでデスクワークがメイン)の内容を聞いた眼科医が、「このままでは、老眼の進行は早いですよ。気を付けて下さいね。」

 

 

なんですってー?

近眼が悪化して、レンズを牛乳瓶底なみに厚くしなければいけないように、「老眼の進行」って、どうなっちゃうの??

近眼の悪化の逆で近くのものが見えないんでしょ?

本を読むのも、自分の目から2mも3mも離さないと見られなくなっちゃうの?

老眼の進行があると老眼鏡もどんどんレンズを買い替えなきゃいけないの?

 

 

眼科医に聞いたところ、眼鏡をかけて矯正しようがしまいが、60~70歳まで老眼は勝手に進行するそうです。

 

 

えっ?

老化は死ぬまで続くでしょ?

老眼は60、70歳で止まるの?

止まるというか、60、70歳以降は、ピント合わせ能力が無くなり、老眼完成となるそうです。

 

 

なるほど・・・、そこからは悪くなることは無いにしろ(緑内障・白内障等の病気で視力が悪くなるのは別ですよ)、頑張れば改善するってわけじゃないんですね。

 

 

「目を容赦なくこき使った人は60歳くらいで、少しでも目を労わった人は、70歳前後までは少しも老眼の進行を防げるので、目を頑張らせ続けないでくださいね。」と眼科医。

 

 

気をつけますよー!

少しでも老眼の進行を抑えるべく、眼科医に注意されたことをもとにケアを始めました。

 

 

私なりではありますが、注意していることと、ケア法をご紹介します。

 

 

 

眼科で定期的に検査をしてもらう

 

上記しましたが、60歳代まで徐々にピントを合わせる機能が落ちてきます。

 

 

なので、眼科で視力検査して老眼鏡を作ってもらいました、ケアをしているので度数を変えなくても大丈夫!

という訳にはどうしても行かないようです。

 

 

ケアをしても、最低2~3回は度数を変えている人が大半だそうです。

その時にきちんと度数が合っていないと、目が疲れるばかりです。

 

 

最後には眼精疲労といって、肩こり・頭痛・イライラ等全身症状に発展してしまうことも有ります。

 

 

定期的に、眼科に行き、自分の視力状態をきちんと見てもらい、目のケアの微調整をしたほうが、老眼の進行を抑える手立てにもなると思います。

 

 

また、ピントが合わなくなった、眼鏡屋で作ってもらおうというのもいいのですが、簡易な検査のように思いました。

 

 

5~10分で検査終了です。しかし、眼科では、「検査士」という検査専門の方がいるみたいで、細かく視力検査をしてくれます。

 

 

しかも、私が通っている眼科の医師が自慢のように「当院の検査士さんはすごいですからね。

 

 

 

すごーくきちんと測定してくれますから。」というように、検査士さんもベテランさんと、新人さんとでは適確な度数を選択するのも雲泥の差だそうです。

 

 

やっぱり、今の視力に一番フィットする度数の眼鏡が欲しいですよね!

 

 

私はそういう理由で眼科に定期健診に行っています!

 

 

 

適切な眼鏡をかける

 

眼科で測定してもらった結果を持って眼鏡屋に眼鏡を作ってもらいます。

 

 

近視・乱視用の眼鏡、本当に遠く(会議・標識・景色等)を見るための眼鏡はもともとあるので、近くなのですが、老眼鏡と言っても、本やスマホを見るためのものと、パソコン等中距離を見るためのものもあるようで、私の場合は本当に近くを見るための眼鏡が必要とのことで、老眼用で作りました。

 

 

遠近両用も考えましたが、私は実はよく転ぶんです・・・。

 

 

歩き方が悪いと周りの人にいわれるのですが、そんな癖もあり、且つ乗り物酔いが激しいので、眼鏡屋さんに別々で作ったほうがいいと言われました。

 

 

どうやら、遠近両用は足元がふらついたり、乗り物酔いのような感じがしたり、視界が狭くなったりするらしいので、私のような人は不向きみたいです。

 

 

眼鏡をかけなおすのに少し面倒くささを感じますが、それでも、こっちのほうがストレスが低いので、使い分けしています。

 

 

でも、もう眼鏡を何年もかけており、乗り物酔いもしないし、かけなおすのが面倒!

という人は遠近もこのごろ遠・近だけでなく、中距離も対応可能なレンズがあるようなのでぜひ試してみてください!

 

 

また、ブルーライトが目に悪いとよく言われています。

省エネのLED照明にこのごろ変わってきていますが、そのLEDライトの光の発し方が人の目にはどうやら強力なようです。

 

 

スマホ・パソコンにLEDが大体使用されていることが多いので、ブルーライト対策の眼鏡が開発されています。

 

 

でもLEDライトはつい最近メジャーになったので、どうやらブルーライトがまだ十分解析されていないらしく、賛否両論だということでした。

 

 

ブルーライトカットのレンズはカット率が高いほど黄色がかってきます。

 

 

私はブルーライトはそこまで信じているわけではありませんが、30%カットだとレンズが黄色くならないし、自分の仕事のクライアントにもサングラスをかけているみたいに思われませんし、パソコンの眩しさが少し落ち着くので、老眼の進行に関係あるかどうかはわかりませんが、使用してはいます。

 

 

 

目を休ませる時間を作る

枕で寝る紺色パジャマ水玉の女性

 

前はパソコン作業をして、目が疲れてきたと思ったら、休憩を少しでもとらなきゃと思い、とっていましたが、その休憩の取り方が悪かった・・・。

 

 

休憩中に、スマホでニュースやアプリをポチポチと・・・。

まさしく本末転倒です。

 

 

肩こりもひどいので(もう眼精疲労の域??)椅子の背もたれにもたれて目を閉じて5分くらい休みます。

 

 

または遠くをぼーっと見ているような、見ていないような、焦点が合っていないような感じで見ます。

 

 

私がやると周りの人にはよく「キチガイの目ですね・・・。」と言われますので、信頼関係のない人のまえでやらないことをお勧めします。

 

 

また、睡眠も十分にとり、目を休ませます。

というか、私の場合、睡眠時間がもっと欲しいのですが、寝る前のスマホいじりやめろって話ですよね・・・。

 

 

 

身体にいい食事、時々サプリ

野菜(人参、じゃがいも、レタス、キュウリ、にんにく等)

 

目にいいサプリや目薬にも頼ろうとしましたが、普通に高い・・・。

しかも高いわりに賛否両論の評価がつけられているとどうしようかなと迷います。

 

 

目の老化を進行させる活性酸素は紫外線をあびると体内に発生します。

 

 

また、睡眠不足・ストレスでも増えやすくなるみたいです。

 

 

また食べ物によっても良い・悪いがあります。

まず、自分の食生活も見直しました。

 

 

本当に食事からとりにくい成分はサプリで補い、自然のものから摂取できるものは積極的に自然素材から摂取したほうが、体も喜びますよ!

 

 

目に良い食べ物

 

  • 抗酸化物質

ルテイン:ほうれん草・ブロッコリー等の緑黄色野菜

コエンザイム:牛肉・豚肉・豆製品→食品に含まれている量は少ないのでサプリ

 

  • アントシアニン:ブルーベリー→生のブルーベリーは少しお高め。

赤ワイン、黒豆、あずきにも含まれているので、組み合わせて。

 

  • ビタミン

緑黄色野菜、肉類、豆類、玄米、ゴマ等、卵、納豆、牛乳

各ビタミンによって上記食べ物に含まれていたりいなかったりしますが、普段バランスのよい食事を心がければ、大概のビタミンは取れると思います。

煙草を吸ってる方はビタミンCが消費されてしまいますので注意ですよ!

 

  • DHA

魚全般:網膜細胞を活性化してくれます。老眼の進行を抑えるのにもいいそうです。

 

  • コンドロイチン

オクラ、納豆、山芋:ねばねば系ですね。コンドロイチンって膝が痛いのにコンドロイチンって宣伝でやっていますが、目にもいいんですね。

 

 

目に悪い食べ物

ピザ、ハンバーグ、ポテト

糖分:うっ・・・だめですか・・・。

お菓子とかケーキとか、ジュースとか。

やめれないので控えました。

 

 

油分:うっ・・・だめですか・・・。

唐揚げ、てんぷら、ピザ、霜降り肉・・・。

赤身肉にしたり、鶏むね肉に変えました。

お惣菜に頼るときも、油物を控えたものにしています。

 

 

インスタント食品:添加物はねぇ・・・。

忙しいときとか、カップラーメンとかインスタントもの食べちゃいますけどね・・・。

 

 

 

まとめ

 

  1. ある年齢に達したら、目の定期検診は受けたほうが良い!
  2. 自分のライフスタイルにあった眼鏡選択
  3. 休憩時間の目の休ませ方を考える。夜スマホをいじっているよりは、すぐ寝る!
  4. 身体に良い食事、いわゆる和食です!

 

 

老眼の進行を抑えることは身体全体の老化を抑えることにもなると思います。

 

 

顔のしわ、おなかのたるみ、年をとると体重が減りにくくなるということも、老眼の進行を気にすることと同じように、食事を気にすることで、改善されると思います!

 

 

睡眠不足も、ストレスも老眼の防止だけでなく次の日の肌にも影響をあたえますよ!

少しでも目が、身体が喜ぶ対策をしたいですね!

 

 

関連記事

  1. 新聞と虫メガネ
  2. 虫メガネでパソコンをみる男性
  3. メガネを外してファイルを見る老人
  4. 老眼視力低下